零式

知的生産が生み出す物。

  • 投資を一休み

    最近、円安に振れすぎている感があるので、投資を一休みして様子を観ているのだが、もはや1ドル160円計算でも良いだろうか、という感触がしてきた。円高に振れる原因、というか、要因、材料が見当たらない。日銀は相変わらずのポリシー堅持だし、為替介入自体は行う姿勢のようだが、根本的に政策が変わらない[...]

    続きを読む
  • 円安は止まらない

    1ドル160円を超過して、為替介入が行われた模様なんだけど、そもそも、安く買ったドルを売ったわけで、財務省の金庫には余剰金が大量に発生したのではないか、という疑惑が残る。歴史的な円安につられて、便乗値上げや、ステルス値上げが行われているので、どうにかして、その余剰金を吐き出したら如何なもの[...]

    続きを読む
  • 笑い男事件

    https://twitter.com/thegitsofficial/status/1752859316019708093今日は2024年2月1日。物語上では、笑い男事件が発生したとされる日。追いかけてきた物語で、仮想の物語だったものに、またひとつ、現実が追いついた。現実には[...]

    続きを読む
  • 株価続伸

    https://twitter.com/typezeroinfo/status/1749427529805652355これだけ続伸が続くと、新NISAの煽り効果だけ、というわけではなくて、なにか、いろいろな要因がありそうな感じがする。ウクライナの紛争はまだ終わっていないはずだし[...]

    続きを読む
  • 2024年を迎えて

    2024年に入って、新NISAがいよいよスタート。乗り換えのタイミングが難しい。観測用に持っているメガバンクの株も放棄して、ETFに乗り換えるか、などと思ったりもするが。取り敢えずは、究極の平均を持っておけば良いか、と思い、S&P500とオルカンでメインストリームを構成しておこうか[...]

    続きを読む

【評】燃えよ剣

新撰組を描いた物語は数あるが、会津藩と正確に結びつけて彼らを評価するようになったのは、人生の中で一体、いつからだっただろうか、とふと考えた。

元々が会津贔屓なところがあるので、新撰組個々の「立った」エピソードも好きなのだけど、今回は「八重の桜」の時系列を思い出しながら順を追って観ていった感じ。長い映画だったが、割とすんなり観ることが出来たと思う。

クライマックスは多分池田屋事件なのだが、肝心の土方歳三はそこに遅れての参戦だったので、正直、どこに「山場」を置きたいのかわからなかったのが残念なところ。芹沢鴨も、近藤勇も、もう少し男前の役者がやれば良いと思うのだが、これはおそらく主役を「立てる」ためなので、そこはそういうことなんだろうな、とは思う。殺陣の付け方はこんなものだと思うのだが、これだけの時代劇も、これからはどんどん少なくなっていくのだろう、と思うと少し悲しい。

関連記事

  1. 2014.11.22

    賢人の教え
  2. 2014.04.22

    【評】47RONIN

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

広告

Count per Day

  • 155982総閲覧数:
  • 201今日の閲覧数:
  • 217昨日の閲覧数:
  • 125536総訪問者数: