零式

知的生産が生み出す物。

  • 投資を一休み

    最近、円安に振れすぎている感があるので、投資を一休みして様子を観ているのだが、もはや1ドル160円計算でも良いだろうか、という感触がしてきた。円高に振れる原因、というか、要因、材料が見当たらない。日銀は相変わらずのポリシー堅持だし、為替介入自体は行う姿勢のようだが、根本的に政策が変わらない[...]

    続きを読む
  • 円安は止まらない

    1ドル160円を超過して、為替介入が行われた模様なんだけど、そもそも、安く買ったドルを売ったわけで、財務省の金庫には余剰金が大量に発生したのではないか、という疑惑が残る。歴史的な円安につられて、便乗値上げや、ステルス値上げが行われているので、どうにかして、その余剰金を吐き出したら如何なもの[...]

    続きを読む
  • 笑い男事件

    https://twitter.com/thegitsofficial/status/1752859316019708093今日は2024年2月1日。物語上では、笑い男事件が発生したとされる日。追いかけてきた物語で、仮想の物語だったものに、またひとつ、現実が追いついた。現実には[...]

    続きを読む
  • 株価続伸

    https://twitter.com/typezeroinfo/status/1749427529805652355これだけ続伸が続くと、新NISAの煽り効果だけ、というわけではなくて、なにか、いろいろな要因がありそうな感じがする。ウクライナの紛争はまだ終わっていないはずだし[...]

    続きを読む
  • 2024年を迎えて

    2024年に入って、新NISAがいよいよスタート。乗り換えのタイミングが難しい。観測用に持っているメガバンクの株も放棄して、ETFに乗り換えるか、などと思ったりもするが。取り敢えずは、究極の平均を持っておけば良いか、と思い、S&P500とオルカンでメインストリームを構成しておこうか[...]

    続きを読む

【評】シン・ウルトラマン

賛否はいろいろあるのだろうが、概ね、良い作品ではないかと思う。先代へのリスペクトやオマージュも随所に織り込まれていて、物語が畳み掛けるように続く点を除けば及第点ではないか。

シン・ゴジラでの「衝撃」を知っている日本人達は、同様の衝撃を求めがちなのかもしれないが、敢えて「別物」と捉えれば、良い作品だとは思う。ただし、同様の「衝撃」が無かったのも確かなので、そこは比較の問題にはなるが、惜しい作品なのかもしれない。

「禍威獣」が実際に日本に現れた場合のシュミレーションが、シン・ゴジラでは緻密に出来ていたのに、今作ではそれが不足しているようには感じた。おそらくは次から次へと「禍威獣」を登場させた弊害だろう。シン・ゴジラでは存在していた「リアリティ」が欠落してしまったように感じる。別物の作品なので比較するべきではないのかもしれないが、そこは残念な点。

関連記事

  1. 2015.02.28

    UC型ビジネス
  2. 2024.02.01

    笑い男事件

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

広告

Count per Day

  • 155999総閲覧数:
  • 218今日の閲覧数:
  • 217昨日の閲覧数:
  • 125553総訪問者数: