零式

知的生産が生み出す物。

mineo(マイネオ)
  • 令和が始まりました

    東京は生憎のお天気ではありましたけれど、令和の時代が始まりました。日本人でも、皇位継承における三種の神器の位置づけとか、色々関係する法律というのを理解している人は少ないと思うのだけど、BBCが今回の皇位継承にあたり、いろいろな記事を丁寧に配信していたのが印象に残りました。http[...]

    続きを読む
  • 新紙幣と500円硬貨

    このタイミングで発表するか、というのが正直な所なんだけど、新紙幣と500円硬貨が発表されました。https://twitter.com/nhk_news/status/1115551317039230976キャッシュレスの時代に新紙幣?なんていう少し違うんじゃないか、という批判[...]

    続きを読む
  • 新元号の発表

    新しい元号が「令和」に決まりました。賛否は色々あると思うのだけど、日本人の国民性としてはそのうち「慣れて」何も言わなくなるのではないか、と思っていたりします。https://youtu.be/Mt40RYc7znc平成の元号が決まった時は、昭和天皇がお隠れになった、という話が随[...]

    続きを読む
  • オスプレイは鉄の塊なのか、という話

    立憲民主党の議員がオスプレイを鉄の塊に例えて「問題提起」をしたことが話題なんですが、そもそも昨今の航空機って鉄の塊ではないと思うのですよ。その先に内閣批判という目的があるから、こんな短絡的な話ができてしまうのではないか、と思ってしまう。(3:37あたりから)https://youtu.b[...]

    続きを読む
  • ラブプラスEveryクローズドテスト

    ラブプラスEveryのクローズドテストの募集が始まりました。ようやくか、という感じ。もう最初の予定から1年半くらいは経過しているんじゃないでしょうか。https://twitter.com/loveplusproject/status/1092996396100157440メタ[...]

    続きを読む

日本のケータイメーカーは何故敗れたか

中村先生が論冒頭で掲げている議論は日本のケータイに限らず、一般的なこの国の病であると思う。というのはさておき、日本のケータイメーカーが市場から淘汰されたのは、単に同梱される出来の悪いアプリのせいではないかと邪推している。iPhoneは多少毛色が違うけれど、Android機については、中身のOSが一緒であるから、純粋に中身でどこまで勝負できるか、というところなわけで、OS上から消去できない、消去してもクリーンインストールすると復活する、という謎の「使わない」アプリが日本の携帯には多すぎるのではないか、と。
例として、SONY機器間でリンクを有益にする、というのは販売戦略の一環としては有益で、そのためのアプリをXperiaにプリインストールしておくのは「あり」かもしれないが、メーカーの意向、キャリアの意向、販売店の意向で「積まれた」、「消せない」アプリが多すぎて、マシンの性能を引き出せなくて、という悪循環に陥っていると思うのは私だけだろうか。

日本のケータイメーカーはなぜ敗けた、という問い

関連記事

  1. 2015.07.27

    デバイス不足

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

広告

広告

広告

カウンター