零式

知的生産が生み出す物。

  • 投資を一休み

    最近、円安に振れすぎている感があるので、投資を一休みして様子を観ているのだが、もはや1ドル160円計算でも良いだろうか、という感触がしてきた。円高に振れる原因、というか、要因、材料が見当たらない。日銀は相変わらずのポリシー堅持だし、為替介入自体は行う姿勢のようだが、根本的に政策が変わらない[...]

    続きを読む
  • 円安は止まらない

    1ドル160円を超過して、為替介入が行われた模様なんだけど、そもそも、安く買ったドルを売ったわけで、財務省の金庫には余剰金が大量に発生したのではないか、という疑惑が残る。歴史的な円安につられて、便乗値上げや、ステルス値上げが行われているので、どうにかして、その余剰金を吐き出したら如何なもの[...]

    続きを読む
  • 笑い男事件

    https://twitter.com/thegitsofficial/status/1752859316019708093今日は2024年2月1日。物語上では、笑い男事件が発生したとされる日。追いかけてきた物語で、仮想の物語だったものに、またひとつ、現実が追いついた。現実には[...]

    続きを読む
  • 株価続伸

    https://twitter.com/typezeroinfo/status/1749427529805652355これだけ続伸が続くと、新NISAの煽り効果だけ、というわけではなくて、なにか、いろいろな要因がありそうな感じがする。ウクライナの紛争はまだ終わっていないはずだし[...]

    続きを読む
  • 2024年を迎えて

    2024年に入って、新NISAがいよいよスタート。乗り換えのタイミングが難しい。観測用に持っているメガバンクの株も放棄して、ETFに乗り換えるか、などと思ったりもするが。取り敢えずは、究極の平均を持っておけば良いか、と思い、S&P500とオルカンでメインストリームを構成しておこうか[...]

    続きを読む

ウクライナ紛争の行方

早晩、終わるだろうと思っていたウクライナ紛争は未だに解決の糸目が見えない。プーチンはNATOを西側の国境に近づけたくないし、ゼレンスキーは自国の守備をしたい。国連も西側諸国も「第三次世界大戦」を怖れて積極的な介入が出来ない。国連というシステムが如何に無力であるかを悟らされたのではないだろうか。G7も、G20も、有効な打ち手がない。

インターネットの発達により、「ほぼ」国境というものの意味が物理的なものを除けば消滅した今、おそらくは新たな概念が生まれるのではないのか、という気がしているが、それはおそらくこの紛争に決着がついた後だろう。地球連邦政府のような世界統一国家の誕生は、所詮はアニメの中の世迷い言なのだろうが、希望であれ、悲しみの果てであれ、何かしらの新しい概念が誕生するのではないか、という予感が個人的にはしている。

関連記事

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

2024年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

広告

Count per Day

  • 151666総閲覧数:
  • 38今日の閲覧数:
  • 36昨日の閲覧数:
  • 121772総訪問者数: