零式

知的生産が生み出す物。

  • 投資を一休み

    最近、円安に振れすぎている感があるので、投資を一休みして様子を観ているのだが、もはや1ドル160円計算でも良いだろうか、という感触がしてきた。円高に振れる原因、というか、要因、材料が見当たらない。日銀は相変わらずのポリシー堅持だし、為替介入自体は行う姿勢のようだが、根本的に政策が変わらない[...]

    続きを読む
  • 円安は止まらない

    1ドル160円を超過して、為替介入が行われた模様なんだけど、そもそも、安く買ったドルを売ったわけで、財務省の金庫には余剰金が大量に発生したのではないか、という疑惑が残る。歴史的な円安につられて、便乗値上げや、ステルス値上げが行われているので、どうにかして、その余剰金を吐き出したら如何なもの[...]

    続きを読む
  • 笑い男事件

    https://twitter.com/thegitsofficial/status/1752859316019708093今日は2024年2月1日。物語上では、笑い男事件が発生したとされる日。追いかけてきた物語で、仮想の物語だったものに、またひとつ、現実が追いついた。現実には[...]

    続きを読む
  • 株価続伸

    https://twitter.com/typezeroinfo/status/1749427529805652355これだけ続伸が続くと、新NISAの煽り効果だけ、というわけではなくて、なにか、いろいろな要因がありそうな感じがする。ウクライナの紛争はまだ終わっていないはずだし[...]

    続きを読む
  • 2024年を迎えて

    2024年に入って、新NISAがいよいよスタート。乗り換えのタイミングが難しい。観測用に持っているメガバンクの株も放棄して、ETFに乗り換えるか、などと思ったりもするが。取り敢えずは、究極の平均を持っておけば良いか、と思い、S&P500とオルカンでメインストリームを構成しておこうか[...]

    続きを読む

【評】劇場版:実写版パトレイバー

押井ファン、とりわけパトレイバーファンにとっては嬉しい作品ではあろうとは思う。劇場版2から続く後日譚であるビデオシリーズ最終話と、それに続く劇場版。榊原良子の南雲しのぶが声だけとはいえ、実際に出演があるだけでも鳥肌モノだが、柘植のシンパが興す第2次の仮想戦争、そして、第二小隊の活躍。まあ、鳥肌モノでは有る。だが、最後、ヘリパイロットの灰原が泳ぎながら去っていくあの様はまだ、続編を作るか、という感じではあった。
大多数のシーンにおいて、劇場版2へのオマージュ、作り変えが多すぎて、なんとなく単品としては駄作だとは思うが、ターゲットとして絞った旧来のパトレイバーファンには「うける」作品だとは思う。UC型のビジネス同様、短期間の劇場公開とDVD、というメディアミックスで公開してきたのだが、商業的にはイマイチなのかなあ、という感じ。面白かったけどね。

関連記事

  1. 2014.09.06

    【評】永遠の0

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

広告

Count per Day

  • 162068総閲覧数:
  • 110今日の閲覧数:
  • 81昨日の閲覧数:
  • 130454総訪問者数: