零式

知的生産が生み出す物。

  • iPhone10年

    iPhoneの初代モデルが2007年に発売されてから、2017年6月29日でちょうど10年を迎えた。iPhoneはスティーブ・ジョブズが当時は想像していなかったであろうほど巨大なエコシステムを築き上げ、アップルという企業の屋台骨を支える製品になった。iPhoneが発売されて10年が経ったそう[...]

    続きを読む
  • アクセス数の正義

    DeNAのキュレーションメディア騒動もそうだが、結局「アクセス数が正義」なのだという事実が揺るがない以上は、今後も似たような騒動が起きることは予想に難くない。“post-truth”の時代の始まりインターネット上にばら撒かれた情報を「見極める」力、情報リテラシーがより重要になってくる[...]

    続きを読む
  • Google Pixel

    GoogleのNexus後継機、Pixelの日本発売は未だ未定のまま。意匠登録等の出願は進んでいるようですが。Meet Pixel, Phone by Google.思うに内蔵Built inの音声検索、音声アシスタントの日本語化が難しいのではないかと邪推。日本語は他の言語に比べても[...]

    続きを読む
  • PS4の市場は果たして生きているのか

    昨秋にPS4を購入したわけなんですが、PS4の市場が生きているのか疑問視している。結局、PS4でなくてはならないゲームというのが絶対的に少なくて、未だ過渡期と捉えるのが妥当なんだろうか。FF15は追加コンテンツ次第というところはあるのだろうけれど、今のところはPS4である必然性はないように感じるし、[...]

    続きを読む
  • 【評】House of Cards

    Netflixを契約して、House of Cardsの視聴開始。12本程観たので、first impressionという感じでレビュー。もともとは、The WestWing等の政治サスペンス、政治ドラマは嫌いではないのだけれど、主人公がカメラに向かって状況説明してくる演出は新しいなあ、[...]

    続きを読む

【評】シン・ゴジラ

全般的な感想を最初に書けば、「大変良いものを観させて頂きました」ということになる。(以下、ネタバレ含)

そのキャッチコピーが語るように、本作は虚構(ゴジラ)と、現実(日本)が戦う物語だ。冒頭の立ち上がり、東京湾で発生した事故に関する会議で紛糾する総理執務室の会議はこの国の縦割り行政(セクト主義)を見事なまでに描き出していると思ったし、市川実日子演じる課長補佐が示唆する生物上陸の可能性を言下に否定する大臣はこの国の同調圧力を見事なまでに描いていると思う。そう、これがあなたの住むクニの現実なのだ、と突きつけられている思い。庵野ってこんなに物語撮るの巧かったっけ。脚本の力か??竹野内豊が、長谷川博己に、「出しゃばんなよ」と釘を刺すシーンもまた然り。
多摩川の防衛ラインで、自衛隊の総力射撃にゴジラが耐え切った時、個人的には(そしてゴジラ映画的には)、「よし、ここでスーパーX」という感じなのだが、あくまでも現実を追求すると、米軍による2次攻撃、というオプションが「現実」となってしまう。まあ、つまりは現実の追求がこれでもか、これでもか、と繰り返されるので、多少辟易とするのだが、その裏で進む「巨災対」(だっけ?)の血液凝固剤作戦(=ヤシオリ作戦)に頑張れ頑張れ、とエールを送ってしまうのである。

劇場プログラムが売り切れだったので、もう1回位見に行ってもいいかな、という思いと、情報量の多さがあって整理しきれていないので、もう1度ゆっくり見たいという思いがあるので、多分もう1回見に行くのだが、本作のヒロインは間違いなく石原さとみではなくて、市川実日子だと思う。石原さとみのあの英語と日本語を巧みに操る演技と訓練された、洗練された女性の演技は見事だとは思ったが、エリートなりかけの課長補佐で、多少出世コースから外れかかっている市川実日子の存在感のほうが圧倒的だった。八重の桜のころからそうなのだが、あのぶっきらぼうな口調で、たんたんと「現実(リアル)」を突きつけてくるような女性にゾクゾクくるのは多分私だけではないと思う。

というわけのわからない追記をしておいて、1回目のレビューは終わり。

関連記事

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

2017年10月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

広告

広告

広告

広告

カウンター