【104】Listの要素を取得したい

List#get()メソッドを使います。

【097】配列の要素を繰り返し処理したい

for文を使います。インデックスを指定して各要素を取得する方法と、拡張for文を利用する方法の2種類の記述方法があります。

【096】配列の長さを調べたい

配列のlengthプロパティを使います。lengthプロパティでは、配列の要素数を取得できます。

配列に対してインデックスを指定して要素の取得・設定を行う際に範囲外のインデックスを指定すると、ArrayIndexOutOfBoundsExceptionがスローされます。要素数がわからない配列に対して操作を行う場合は、事前にlengthプロパティで配列のサイズを確認するとよいでしょう。

【050】大文字と小文字を変換したい

大文字に統一する場合にはString#toUpperCase()メソッドを、小文字に統一する場合にはString#toLowerCase()メソッドを使います。

【033】複数の例外をまとめてキャッチしたい

Java7以降であれば、|を使って、1つのcatchブロックで複数の例外をまとめてキャッチできます。

複数の例外をマルチキャッチした場合、catchブロックの変数eは列挙したクラスすべてに共通するスーパークラスになります。つまり、上記コードの場合、変数eの型はExceptionになります。

about

このサイト(www.typezero.info/study)は、IT、Web、ゲーム、名言、その他、教養全般についての知識のストックを目的としています。

return top