夏休みの時は心が折れた夢幻城に英傑を強化してリベンジ、1階をクリア。部屋ごとのギミックがめんどくさいですね。多少の運もあるだろうか。技能調整もしっかりロジックを組んでおかないとリスキー。

相変わらず帰参者キャンペーンの都度入っておりますが、今年は長めに休みを取ったので、1年ぶりの課金です。なんか、色々増えているので、全キャラ一通り設定する、となるとめんどくさい。かといって設定しないで放置しておくと、もう一生設定しないんじゃないか、と思ってしまう心配性。

コロナウィルスのせいで大変な世の中ではございますが、中の人も色々大変で絶賛病んでおります。正月明けには状況が好転する「はず」なんだが、さて、どうなることやら。

リモートワーク全盛期だった頃は、昼休み時間をわざとズラしてフリープレイの時間に遊べたのだが、今となってはもう土日のみ。

それでも、築城だけはちまちまと進めている。多分、年末にSONYから今年も遊んだゲームの総プレイ時間的なものが送られてきそうな感じがするけど、信onは上位なんだろうな、とは思う。

信長の野望online、17周年、誠におめでとうございます。PS2の時代からやっている身としては、もう17年も経ってしまったのだなあ、という感慨深い感じが致します。

世情の変化、プレイスタイルの変化に追いついて、ますますのご発展を心よりお祈り致します。

恒例の帰参者キャンペーンでの復帰。実装されたばかりの熊本城へ。護衛のお供Nを呼び出すIFが変わっていて、理解するまで少し時間がかかった。最初の説明に書いてあったんですけどね…

ボスの加藤清正は、強力な術結界を張ってくるので、術徒党ではなく、物理向きの構成なんだろうけど、肝心の護衛物理Nは最大生命が低いらしく、道中が不安だったという。

帰参者キャンペーンついでに今回はアップグレードして色々試したのだけど、築城システムが楽しいかな、と思った程度。新しいダンジョンとかは知り合いも減ってしまってなかなかいけないですね。

東西合戦の季節で、恒例の帰参者キャンペーンで復帰中。信on16周年ということで、誠におめでとうございます。インタビューを拝見したら、youtube動画の音声が解禁になるとか、色々書いてありましたが、原点回帰という意味でも純和風なMMOに回帰して欲しいなあ、とは思います。ま、課金していない私が言うのもアレなんですけどね。

ドラゴンのお供とか、ガメラのお供は少々違うような気がする次第。

岡崎両替前にて

年末年始の帰参者キャンペーンで復帰はしたものの、今回は年末ギリギリまで仕事が詰まっていたのと、リアル私生活がアレコレあったせいで、殆どなにもできませんでした。

もうすぐ新章が発売になるそうで、中身をいろいろ見てみて、面白そうならアップグレードも考えようかな、と少しだけ思いますが。

南蛮文化到来、とかいう新しい要素が実装されていたらしいのだけど、今回はレベル上げだけで終了。もらった福袋も結局あけなかったような気がする。次回ログインした時に所持品の中に残っているんだろうか…

南雲が72になった。それだけ。
東西戦は結局面倒くさくて、参加しなかった。参加していれば多少変わったかな。次は多分会社の夏休みを取る頃。